一括請求

一括請求とは

任意売却における一括請求とは、債務者が毎月返済している住宅ローンの返済が滞ることによって期限の利益を喪失した場合に、債権者の判断により毎月の分割返済を打ち切り一括で残債務を支払うよう要求する請求のこと。

例として銀行の保証付き住宅ローンの場合は、住宅ローンの返済を滞納している債務者に代わって保証会社が銀行へ代位弁済し、その後債権回収業者(サービサー)より一括請求が債務者に対して行われる。

この状況で多くの債務者は残債務の一括請求など当然できないため、債権者側は裁判所へ競売を申し立てることになる。これにより最終的には競売開始の決定通知書が債務者に届き、競売が実行されることになる。

一括請求が行われた時点では、任意売却などを駆使することで競売を回避することが可能であるため、早急な対応を心がけることで最悪の事態を回避できる。